カードローンの種類について

カードローンの種類について

一口にカードローンと言っても、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがありますから、どちらにしたら良いのかわからないという声もよく聞きます。

 

なので今回はそんな方のために、銀行系と消費者金融系のカードローンの特徴を紹介したいと思います。

 

 

 

まず銀行系ですが、こちらは金利や限度額などの条件が良いです。

 

しかしその分審査は厳しめなので、確実にすぐにキャッシングをしたいと思っている方にはおすすめできません。

 

大人にきびを治す方法

 

一方消費者金融系のカードローンは、銀行系に比べれば条件は劣りますが、簡単気軽に作る事ができますので、すぐにキャッシングをしたいという方におすすめです。

 

また小額で短期間の借り入れの場合には、利子の差はそこまで大きくないですから、消費者金融系のカードローンでも十分だと言えるでしょう。

 

 

 

このように二つのカードローンにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分のニーズにマッチしている方を選択するようにしましょう。

 

そうすれば後悔のカードローン選びができると言えます。

 

これからカードローンを利用したいと思っている方は、是非これらの事を参考にして、自分にあっている方のカードローンを選ぶようにしてください。

カードローンの金利

 

12月中にも厚生労働省の方針で、国民年金の全滞納者に対して督促状が送付されて、支払わなかったとき財産の差し押さえをするとの案が示されました。

 

納付率は約60%で、約40%の人が納めていないから、該当する人が多数に及んでいるはずです。

 

 

 

働いていて収入があって払わないのであればまだしも、無職・フリーターでは払わないのではなくて払えないわけです。

 

省庁が年金の督促をするということについては反対意見ですが、このニュースが影響してなのか、じわりと波紋を広げています。

 

 

 

最近になって店で友達同士の男性2人で話し合っている場面に遭遇しましたが、その会話の中に先のニュースにもある国民年金滞納の話題があります。

 

片方の人はこれまでの年金の中で払っていない部分があって、数ヶ月の未納分が表示された特別催促状という紙切れを持っています。

 

督促状が来たらしく、その支払いをどうするかの対策を練っていました。

 

 

 

とくに心配はしていないみたいですが、席を立っていなくなったあと、机の上に大手メガバンクのカードローンのパンフレットが置いてありました。

 

金利4.0%〜14.5%とあります。

 

もしかすると、いったんそのカードローンを使って国民年金滞納分を支払うつもりでいらっしゃるのかもしれません。

カードローンと育児

 

幼い子供を二人連れて買い物に出かけます。

 

抱っこ紐などを使ったままだと小銭を確認するにも一苦労ですがカードローンでの支払いだと迅速に買い物ができ、重い小銭を持ち運ぶことがないので助かっています。

 

 

 

買い物は少しでも安い物を買うようにと心がけていますが、子供を連れているとゆっくりと買い物をすることができず商品をじっくりと選んでいる時間もないくらいで値段の確認もできません。

 

現金払いとは違いカードローンであれば持ち合わせがなくてもその場での購入が可能です。

 

しかし気をつけなければいけないことはカードローンで使った分の金額を引き落としの口座に入れておかなければならないことです。

 

 

 

現金とは違い、自分の中での予算をいつのまにか超えてしまっていることもあり、残高不足として電話がかかってくることもありました。

 

対処法としてはカードローンで支払った金額を家に帰ったときに1枚の紙に書きとめ、いくら使ったかを目で見てもすぐに分かるようにしました。

 

 

 

また、カードローンでの支払いにするとカード会社にもよりますがポイントが付きますのでそのポイント分を商品券などに変えることもできお得です。

 

他にも、携帯代・ガス代・電気代などは引き落としでの支払いが多いと思いますが、カードローン払いに変えるだけで月々数万円のお買い物を確実にすることになるのでポイントも貯まりやすくお得です。